中古ナース服の通販 販売はドンキー

 

中古制服販売TOP > ナース服

ナース服

日本国内における病院施設、リハビリテーション施設などで勤務中に着用されているのが日本のナース服になっております。日本国内の看護職、介護職員などの医療従事者によって着用されているバリエーションは、これも段階によって様々です。
色は多くが医療時の汚れもわかりやすく、さわやかな白衣の印象を受ける「白」が多くの医療施設で採用されております。
ワンピースの仕様になっているナース服に、丸形の開襟仕様の襟がついている仕様が多く見受けられます。またセパレートタイプだと同色・同素材のスラックスの上に着るシャツのようなタイプもあります。
また、日本国内における歯科医院や、歯科衛生士専門学校におけるナース服は多くの場合で、薄めのピンク色や水色を採用されている場合は良く見受けられます。デザインは白いワンピースのナース服もありますが、ピンクの場合も同じく、胸ポケットと、腰元の両サイドにあるポケットが用意されているタイプが多くなっております。いずれにおいても白衣が日本においても世界においても多く採用されておりますが、「白衣」としてみると、医者や薬剤師も着用している白衣があります。こちらの白衣においても業務用の制服としてだけで無く、業務中に身を守るためとしても着用の目的もあります。

全96件

中古制服販売ドンキー:今の日本のナース制服について

現在の日本では、同色同布のスラックスの上に着用するシャツタイプの「スクラブタイプ」と呼ばれる物、昔からのナースの定番スタイルの「ワンピース」、パンススタイルの上下が同じ色で用意されているツーピースタイプ、そしてエスティックサロンなどでエステ業務従事者も着用している服もナース服に広義においては分類されております。
そして昨今では、小児科などでは柔らかい雰囲気を出すために柄物のナース服も用意されております。そしてファッション性も重要視される医療団体や医療機関もあり、スポーツユニフォーム製作企業や、女性医療メーカーとも協力して作られたナース服も続々と販売されております。女性らしく着用できて、仕事もしやすい。またそれだけでなく、汚れが付きやすい業務である医療従事者が、帰宅後にすぐに洗濯し次の勤務に備えれるような工夫が施されている日本国内のナース服はまだまだ中古でも利用いただけます。各種類わたくしども中古販売ドンキーはさまざまな種類を取りそろえております。各商品によって付属品や、デザイン、形状なども異なっておりますので、詳細は各ページの写真と詳細をご覧下さい。

ページトップへ